Diary

世界初演オペラ 「スーパーエンジェル」出演

Music

8月21日(土)14:00

8月22日(日)14:00

子どもたちとアンドロイドが創る新しいオペラ

《スーパーエンジェル》

「異端2」という小さな役ですが、初めて新国立劇場の舞台で役を頂いて歌わせていただきました。

異端2は、アキラ、ルイジらと同じ枠にカテゴライズされた異端者のうちの一人です。

15歳になると、セントラルAIマザーのDNA鑑定によって統治、守護、知識、奉仕、異端という5つに選別されるのですが、異端だけが落ちこぼれ的な扱いになります。

しかしこの異端者達にこそ、新しい未来を創り出す可能性が秘められているというメッセージが込められています。

そして最終的には、マザーに依存し支配されている、異端以外の人間達の自立を促していくヒーロー的な「5人の天使」を象徴する形になっていきます👼

今回の作品は、アンドロイドのオルタ3の歌やPAと、歌声、オーケストラ、バレエ、演劇、映像技術とが融合した世界初演の日本の新作オペラとなっています。

指揮者、作曲家、台本作家の方々との間でより良い作品を目指して改訂が重ねられていく現場に、歌い手として携わらせていただいたことは、貴重な経験となりました。

高校生のためのオペラ鑑賞教室から足を運んできた、憧れの舞台に立たせて頂けたことは、本当に感無量です✨

また、子どもたちの澄んだ歌声とホワイトハンドコーラスの皆さんによる手歌(視覚障害のある子どもは歌で表現、聴覚障害のある子どもは手話で歌う)は、感動がひとしおでした。

躍動感あふれる動きやきらきらとした表情、小さな身体いっぱいに使う表現力に、同じ舞台に立っていても目が釘付けとなり圧倒されました。

「異端」というはみ出し者の役をいただきながらも、ピンクの頭とネコ耳をちやほやされ、経験豊かな素晴らしいソリストや共演者の方々、合唱、バレエ、助演、オーケストラ、スタッフの皆様と、なんとか無事公演を迎えることができたことは本当に有り難く感謝の気持ちでいっぱいです。

歌唱時間よりも、舞台上にいる時間が多かったのですが、共演者の方々から刺激を受けながら作品の良さを伝えられるよう精一杯つとめさせていただきました。

『Super Angels スーパーエンジェル』SPECIAL TALK SESSION VOL.1
『Super Angels スーパーエンジェル』SPECIAL TALK SESSION VOL.2

今回、緊急事態宣言を受け、チケット発売早々に客席数が50%を超えたことで販売の方は停止しており、きちんと宣伝もできておりませんでしたが、年内に公演の無料配信を予定しているというニュースもございます。

ご都合がつかなかった方や、コロナ禍でご来場を断念された方も、是非そちらでご覧いただけましたら幸いです♪

♬関連ページ♬

新国立劇場公式ホームページ《スーパーエンジェル》

ぶらあぼ【ゲネプロレポート】渋谷慶一郎《Super Angelsスーパーエンジェル》世界初演

Yahooニュース!新国立劇場「スーパーエンジェル」開幕に大野和士「本当に新しいオペラ」と自信

オペラ公演関連ニュース一覧